疲れ目 冷やす

目の疲れによる充血を治すにはちょっと冷やして温めるのが効果的

目の表面には、たくさんの細い血管が張り巡らされて
います。この血管はとても細いので、普段は見えません。
しかし、目が疲れてくるとその細い血管が太くなり、浮き
上がって見えるようになります。これが充血の正体です。

 

 

目に疲れが溜まると、その疲れを解消するために酸素や
栄養素が必要になります。酸素や栄養素を運んでいる
のは血液なので、血液の量が増えます。すると、血管が
押し広げられ、太くなります。

 

 

疲れ目による充血を治すためには、太くなった血管を元の
太さに戻すことが必要です。そのために、まずは目の周りを
冷やしてください。すると、太くなっていた血管が細くなる
ので充血が緩和されます。

 

 

ただし、血管が細くなるだけなので、目の疲れは残ります。
むしろ、血管が細くなり血行が悪くなるので、酸素や
栄養素が不足して、目の疲れがたまりやすくなります。

 

 

目の疲れを取るためには、血行を良くして、目に十分な
酸素や栄養素を送らなければいけません。そのためには、
目の周りを温めて、血管を広げることが必要です。

 

 

つまり、目の周りを冷やして血管を縮めることで充血は
緩和されますが、冷やしすぎてしまうと血行が悪くなり
目の疲れが解消されません。むしろ悪化してしまう可能性
もあります。

 

 

なので、まずは2,3分程度、水で冷やしたタオルなどで
目の周りを冷やしてください。次に、蒸しタオルなどで目の
周りを温めてください。ちなみに、蒸しタオルは電子レンジ
を使えば簡単に作れます。

 

まず、タオルを水でぬらして、しっかり絞ってください。
次に、そのタオルをラップで包む、もしくはビニール袋に入れ
ます。そのままレンジに入れて、600Wで1分程度温めたら
完成です。温め直後は、かなり熱いので火傷に注意し、
少し冷ましてから使ってください。

 

 

目の血行を良くして疲れを取るサプリメントはこちら